西東京市 メーター内のDPD(DPF)ランプ点灯・点滅 新倉工業

画像
メーター内のDPD(DPF)ランプ点灯・点滅

  • HOME
  • 修理
  • メーター内のDPD(DPF)ランプ点灯・点滅

title

バン・トラックのディーゼル車のDPDランプの点滅

メーター内のチェックランプ点灯・点滅

 メーター内のチェックランプ点灯・点滅

最近のバン・トラックは排気ガスをマフラーで燃やす装置(DPDまたはDPF)が着いてるのが増えました。
そしてこのDPDについてはお客様の間で周知されてないことが多いみたいです、通常自動でマフラー(触媒)で再生されてますが再生しきれないことが続くとDPDランプが点灯もしくは点滅してDPDスイッチでは再生ができなくなることがおきます。その場合当社では診断機によって強制再生ができますので7万キロ~10万キロくらいでこの作業を行うことが多いです。

DPD(DPF)マフラーの構造です。

 DPD(DPF)マフラーの構造です。

DPDランプはIN側とOUT側の圧力差で反応します。差圧がある程度以上になると詰まってると判断して再生が始まります、その場合触媒が反応し温度が高温になりエンジンからの排気ガスに燃料を少し噴射してさらにマフラー内の温度をあげてカーボンを焼いてマフラーから排出します。
ですのでこの工程に詰まりのような不具合が発生するとコンピューターがが異常と判断しDPDランプが点灯もしくは点滅します。

DPDマフラー分解清掃

 DPDマフラー分解清掃

強制再生をしてもすぐにまたDPDランプが点灯・点滅するような場合マフラーを分解清掃します。

分解してみました!

 分解してみました!

マフラーの中はハニカム構造の触媒があります、写真のとうりかなりカーボンが溜まってますと触媒の反応が悪くなり強制再生でも取りきれなくなりますので分解し触媒を清掃します。

修理の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!