西東京市 ディーゼル車のアイドリングぶれ・吹き上がり不調 新倉工業

画像
ディーゼル車のアイドリングぶれ・吹き上がり不調

  • HOME
  • 修理
  • ディーゼル車のアイドリングぶれ・吹き上がり不調

title

排気ガス対策のディーゼル車に多い不具合

噴射ノズル交換して快調に!

 噴射ノズル交換して快調に!

排気ガス対策に最近のディーゼル車はある程度走行しますとアイドリングがバラバラになったりアクセルを踏んでも力がないように感じることがあります。
このような場合噴射ノズルのつまりが原因のことが多いです。
2トン車で通常1本当り部品だけで6万以上しますが交換に際しては全部の交換をいたします、なぜなら1本でもこのような状態になれば残りの噴射ノズルもいずれ近いうちに同じ状態になるからです。

写真は正常な噴射状態です。

 写真は正常な噴射状態です。

ディーゼルエンジンは点火プラグはなくシリンダーで圧縮されて高温になって燃料が爆発します、この時燃料が発火しやすいように霧状に噴射されますがつまったり綺麗な霧状にならなかったりすると爆発しなくエンジンがブレたりします。またアイドリングではなく走行中でもこの現象は起こります。
噴射ノズルの交換修理をすればとてもスムーズなエンジンに生まれ変わります、交換時にはエンジンコンピューターに交換した噴射ノズルのシリアル番号を入力しなおさなければなりませんが当社では診断器で対応できます。金額は新品でたとえば4気筒なら部品で24万以上工賃を含めますと27万以上になりますが最近ではリンク品(再生品)が出回り4本交換で12万~14万くらいでできるようになってきました。

修理の他のページ











Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!